つばめんとNEWS

NEWSファンブログ。全員好きです。

手越君とNEWSと 2

1を公開した後、長距離の特急電車でぼーっと恋のABOのシングル盤に入っている曲を聴いていたのですが(ラビリンスとOPEN YOUR EYES、新しく聞いてみたい)、…やだ2009年のABOで手越君、ソロパートでいいとこ歌ってるやないかーい!(普段みないEテレでみた某男爵の影響)いわゆる大サビってところかな?本当適当ぶっこいてごめん、ごめんなさい。1を削除してやり直すかと思ったけども一回公開したからには、自分への戒めとして恥を晒しておきます。恥の上塗りくらいどうってことない!恥ずかしいけどさ。

そもそもソロ曲で、愛なんて、を上げるって古すぎ、とか若干の後悔はあったが、ファンになって1〜2年?の頃の方は色々と印象深いものがある。愛なんて、は本当に好き。手越君のソロで歌った曲はどの曲も好きだけど、バラード曲の方が私は好き。まあ好みの話ですが。

 

手越君、手越君って努力の人ですよね。テレビ、近年のイッテQではバラエティのタレント、テレビに出ている人として、身体を張っていてなおかつ結果を出している、凄い。普通に尊敬する。

 もちろんNEWSでも、6人時代の手越君のソロパートはほぼ彼が実力で勝ち取ってきたものなのではないかと勝手に思っている。正確なところはわからないけれど。NEWSの最初の頃、もっとメンバーが多かった頃、人気やら知名度やらで歌割りが少なかった頃、後に彼がもっと歌いたいと雑誌のインタビューか記事かで語っていた事を思い出す。ソースは?って聞かれるとごめん一カ月くらい待って、埋もれたドル誌発掘するから…なんだけど(すみません)。

手越君お誕生日おめでとうな記事に、中途半端なタイトルにしたのは、手越君とNEWSと、のあとに、テゴマスと、と続けても良かったから。手越君とNEWSとテゴマスと。これはこれでしっくり来る。実際、NEWSの活動があまり(ほぼ)なかった頃、テゴマスの活動は救いでもあった。テゴマス歌うまい、心に響きわたる歌声、とてもとても良かったテゴマスのうた、あい、まほう、のツアー…。どれも大切な思い出だ。(もちろん青春も)まほうは微妙な時期だったけど、それはそれで、ね。

実際、NEWSがほぼ活動していない時期に、テゴマスで活動して、手越君が歌の実力を発揮するたびに、NEWSでも、もっともっと歌ってほしいと思った(もちろん増田君にもですが、今回は手越君について書くつもりなのでお許しください)。NEWSが実質的に活動停止していた頃(公式の活動停止ではないけども、活動していない事だけは確かな頃)、テゴマスの活動で着々と実力を付けて、たまに出るNEWSの新曲で手越君のソロパートが少しでも増えていくのは楽しみでもあった。ABOやFighting Manなど。手越君の歌声は純粋に好き。

 

テゴマスで実力を発揮して、と、簡単に書いてはいるが、アルバムごとに聴いてみると、元から上手いのだけど、少しずつ上達している事がわかる。ただぼーっとしているだけでは上達しない。いいものを創りたい、届けたい、という情熱がなければ上達しないよね、絶対に。

努力と才能…。才能を磨く努力を惜しまない、その姿勢は本当に尊敬する。デビュー直後にボイトレに通ったエピソードは有名ですよね。

ポジティブさも変わってなんかいない。かつて加藤君がうちわにシゲ三番目に好きとか書いてあるのを見て、これが六番目だったら一旦捌けるわ、みたいな事を言っていたけども、その後に手越君は、えー俺六番目でも全然嬉しい、だって来てくれるだけで嬉しいもん、みたく言っていたのがとても印象深い。どこかのDVDに収録されているはずだけど、生で聞いた時にも衝撃だった。手越くんすごい。つよい。シゲと共通項って同じ歳だけか?ジャニーズっていろんな個性の人が集まってグループ作ってあるんだ、計算してあるなあ。もし万が一私が男でジャニーズだったとしても絶対に手越くんみたいな発想には至らないわ、とか思った。(これは加藤君下げではなく、むしろ加藤君大好きですが手越君のポジティブさの変わらなさの一例として上げただけですが、このエピソードは加藤君の回で書くか迷ったけども古い話なので削った。)

手越君のポジティブさや負けず嫌いなところは、四人になって、各々によりスポットライトが当たるようになり、それぞれの個性がより鮮明に見えやすくなっただけであって、四人になってから手越は変わった、みたく言われていたりもするけども、その言い方は違うのではないかと常々思う。もちろん、NEWSの一員として今までよりもより強くNEWSを牽引していく覚悟とか、いい意味で変わったところも沢山あると思うけども。MCにもかなり参加するようになったね。

歌でNEWSを牽引する立場になり、NEWSのアイコン的な立場になり、より強いライトを浴びて変わったように見えるだけであって、芯のところは全然変わってなどいないのではないだろうか?彼の努力家なところや負けず嫌いなところ、驚くほどのポジティブさ、このあたりはちっとも変わっていないのだと思う。

小山君に甘えたり悪戯したりする小悪魔的なところはどうだろう?小山君があえて上手く転がされているのか、手越君が上手く甘えて慶ちゃんを転がしているのか、どうなのか謎なんだけど、可愛いからどちらでもいい。どちらでもありな気がするが。そんなコヤテゴも好き。

 

11月の少クラプレミアムで見たWonder、やはりパフォーマンス込みで魅せる手越君はとても魅力的だった。そう、これ!こんなのが見たかったんだよ!みたいな。視線ひとつの角度であれだけ魅せることができるのはすごい。なんだろう、やはりこれも持って生まれた才能なのだろうか?duet12月号で、カメラが回るとスイッチが入るとあって、うん知ってる、と思ったけども、読んでそう思うことと、実際に見ることは全然違う。手越君はバラエティな部分では若干道化的なところを見せたりもするが(突き抜けたポジティブさや天真爛漫なところが凄すぎて)、ライブパフォーマンスで魅せる手越祐也こそ、私が見たい手越祐也なんだと改めて実感した。

10月のプレミアムショーは録画できてなく、ついでにpcも壊れて泣きそうだったけどWi-Fi環境に帰ってからスマホで見た。あああ大きい画面で見たかった、って泣き言はいいわ。手越さんプロデュースのロックテイストな楽曲、ソロのI’m coming、BLACK FIRE、も良かったけど、私が上げるなら、紅く燃ゆる太陽、これか。(自分が、比較的最近の曲はもっと聞きこみ咀嚼し消化するまで感想らしいものが出てこないという不器用さは最近自覚した)

以前の楽曲は寸分の狂いもなく歌ってほしい人もいるらしい事は知っているが、私は今のNEWSに合うのなら存分にアレンジしても構わない。かつての楽曲を思うがままにアレンジしても、もうかつてのNEWSを思い起こして戸惑ったりはしない。それだけでも私にとっては大きな収穫だ。しかしBLACK FIREから紅く燃ゆる太陽に続くなんて想像できるか?できないよ。手越君が紅く、と歌いだしたところで、ああああってなった。画面に曲名が出ているのを確認した、めちゃめちゃ嬉しかった。ライブ会場なら歓声を上げるところだ。懐かしさだけではなく、NEWSがかつての曲に新しいいのちを吹き込む瞬間を見る事ができる喜び。テレビ、収録、ネットで見た、そんなの関係ない。新曲に歓声を上げるだけではなく、以前の楽曲にも新しい発見ができる喜び。ひと粒で2度美味しい(…このフレーズ何だっけ?)ともかく、いい選曲だった。手越君ありがとう。NEWSを好きでいて良かった。ありがとう。

 

 

少クラ以外は記憶を頼りにつらつらと書いてみましたが、…しかし何か足りない。手越君のポジティブさや歌が上手いところは手越君を、NEWSを好きな方なら知っている事ばかりだ。私がなんとなく感じる、手越君って謎めいた人だな、というところが結局のところひとつも記せていない。せめて何故そう感じるのかがわかれば、ひとつのとっかかりになるのだが。ぼんやりと感じているNEWSいちミステリアスな男(勝手にそう思っている)、ある意味とても素直な人、手越君について、3、書くかもわかりませんが、とりあえず終わります。自分が感じている事すらうまく言葉にできない。言葉って難しいですね。いや、自分の心を冷静に見つめる事が難しいのか。