つばめんとNEWS

NEWSファンブログ。全員好きです。

手越君とNEWSと 1

※続きます、完結していません。

 

手越くん30のお誕生日おめでとうございます。手越ももうハタチ、これで全員成人したな!みたいなやりとりがついこの間のような気もします。光陰矢の如し。

さて、加藤君の時のように過去のテキストやらなんやらを引っ張りだして手越君の良さ、魅力、NEWSでの彼の立ち位置の変化やら色々考えてみたかったのですが、諸事情により残念ながら今手元には急遽買ってきたduet12月号しかなかったのであった…。まあ加藤君の回も今読み返すとすごい削りすぎてやり直したい気持ちでいっぱいなんだけども…。

記憶を頼りに、のんびりいきます。

 

先日たまたまネットでベストアーティスト2010(だったと思う)を偶然目にし、まだ6人だった頃のNEWSが歌っていたのを見て、懐かしさと共に、手越君の歌声があまり聞こえなかった事に少し驚いた。今ならサビの部分で手越君の歌声が聴けないなんてまず無いからね。NEWS本当に変わったなあ、まあ人数も変わっているし変わって当たり前なんだけど、…進化?変容?言葉の正誤はわからない、だけどあえて進化と言いたい、進化しているよね、NEWS。

2010年のFightingManでサビの部分に錦戸君と一緒にだけども手越君の歌声が聞こえるようになり(…違っていたらごめんなさい)、当時は嬉しかったような気がする。CDだと若干錦戸君の声が強め(なんて表現したらいいの)だけど、ライブで初披露した時は(LIVE! LIVE! LIVE! の時だったか)、合っているのかそうでないのかよくわからない新しいハーモニーに期待した。新しい化学変化が起こるのかもしれないと。

脱線しますが、8月に24時間の番宣を見た感想を書いた後、すごく大きな荷物を降ろせた気がした。そしてホッとした、安堵した。結果、24時間/テレビの感想、加藤君が出たドラマの感想も書かずに日々は過ぎて行った…(更新なくともアクセスしてくださった方々ありがとうございます、感謝しかないです。そもそも知り合いにもブログ始めたとか言っていない恥ずかしい、NEWSファンの誰かひとりにでも見てもらえたら、多少なりとも共感してもらえたら、嬉しいけど、どうなんだろう?)

さて、FightingManでやっとサビのあたりの歌割り来たよ嬉しいやっと実力が認められた?と当時の私は思ったのですが、それより前から手越君の歌のうまさは定評があったはずだ、それはNEWSの活動よりもテゴマスの活動で証明されていたと思う(もちろんテゴマスの相方、増田さんの実力も)。

ソロで歌った「愛なんて」は心底痺れた。バラード曲に痺れたとかおかしな表現かもしれないが、聞き入ってしまう魅力がある。この曲は私が手越君の凄さを初めて感じた曲でもある。Pacificのツアーが初めて行けたツアーだったから余計に印象深いのかもわからない。

 

 

ごめんなさい、続きます、序盤の序盤、ほんのさわりで時間切れ、手越君の魅力まで全然行けなかった涙。続きは近日中に公開できたらいいな…

とりあえず手越君おめでとうございます〜!