つばめんとNEWS

NEWSファンブログ。全員好きです。

NEVERLANDのその後とその距離

お題「私のNEVERLAND」


はてなブログのどこかにお題があったので、書いてみようかと思います。若干お題からずれているかもですが。

私のNEVERLAND、は自身が参加した東京ドームの公演しかわからないのだけど。



NEVERLANDツアーが終わってからも何だかずっとNEWSの事を考えている。

考え始めたら止まらなくて眠れなくなった。

何かを創る人は、それをせずにはいられないらしい。情熱が止まらないのか。吐き出さずにはいられないのか。

何だかNEWSへの愛みたいなものを吐き出さずにはいられないない感じでぐるぐるしている。

己の内側から、一から創作する人々と同じにするなよとは思うけど、まぁ初回にアップしてからアクセス数も減ったのでNEWS愛を垂れ流していきたい…読んでもらいたいのか、そうでないのか、よくわからないスタンス。 


じゃあチラシの裏にでも書けよ、なんだけど、気楽に、自身の為に、整理する為に、少し書いてみようと思います。



追記で反省って何だろう、と書いて、ずっと考えていたのですが、手越さんのRINGを読んで、これから…これからの彼等を見て判断すればいいじゃないか。これから、怪しげな流出(反社会的な人達の交流を示すようなやつ)とかないなら、それでいいわ、って思いました。


これからの彼等を見守る…



当たり前過ぎて、全然出てこない発想だった。



だって、ずっと見守ってきたじゃないか。



けどさ、渾身のパフォーマンスを披露してくれたんだ、もうそれでいいよ…だって好きなんだから。

反省を判断するもなにも、そもそも私には関係無かった。あれは反省してないと主張する人に対しての私なりの反論だった。まあ反論と云うか、感情丸出しで反論にもなっていないけど、せめてもの抵抗で。



好き…

好きとはなんぞや…


NEVERLANDツアーが終わって、あえてNEWSを好きになり過ぎないようにしていた事をはっきりと自覚した。

それは自己防衛で、好きになり過ぎて、過剰に期待しすぎると、何かあった時につらすぎるから。


だけど、そういう保身が無駄な抵抗だったと、はっきりと理解したツアーでもあった。


それと今回、もしかしてNEWSに対して今まで以上に少し距離を置いてしまうかもしれないという不安も少しあった。(流出の件とかは関係なく)

実際に雑誌はここ数年買ってないし(ツアーがあった後にレポ目当てで買うくらい)、johnny's webの連載も月に1〜2回でチェックするくらいのゆるさだった。(だからメンバー愛が終わっていたのを知らなかった、かなしい)

テレビはたまに水曜日18時から全国版のnews every. で慶ちゃんが一言、喋るのを聞いただけで満足した。そもそも関西はevery.はそれこそ15分かそこらしかやっていないのだが。ビビットはいつの間にか忘れていた。イッテQは最初に手越が見られたらそれで良し。キャラパレ…ネタパレか?(番組名すらあやふや)うちの人が見ていたら見た。逆にまっすー出てんぞって言ってくれるくらい。

こうして書いてみるとなんかひどい。

だけど、それくらいNEWSから離れている方が楽だ。毎日NEWSの事を考えるのは正直しんどい。何事も好きになり過ぎると、つらい。


私がNEWSに対して出来る事は、CDを全種類買う、毎年ファンクラブの更新手続きをする、ツアーDVDかBlu-rayを買う、落選覚悟でもツアーの申し込みをする、落選してもNEWSをみたいと思う人間が一人でも多くカウントされるように。当選したらペンライトとパンフを買い、適度に全力で楽しむ…あれ、これでも充分応援してる方なのか?わからん。


適度…

そもそも適度ってなんなんだ。

好きに適度とか必要なのか。

適度に全力って相反してないか?


もちろんツアーの感想は毎回概ね、良かった、やっぱりNEWS最高。また来年楽しみだな。要約すると、こんな感じ。


適度な距離感が、一番楽でもある。あ、今年もツアーあるんだ嬉しい楽しみ〜くらいの。 


いつもなら、一週間も経てばツアーやNEWSの事を忘れて日常に戻り、一週間前に生でNEWSを見た事は遠い過去の出来事になっているのに、なんだか忘れられない。隙あればぼんやり思い返している。


なんだか恋わずらいみたいな。


そして今ここで蘇る、「美しい恋にするよ」のフレーズ。

えっ私NEWSファンだけどそんなに入れ込んでないよ ゆるゆるなファンだよ 別に担当とかいないし とかなんとか…虚勢を張っていたのだが、無駄な抵抗だった。


やっと、数年越しに私の胸に届いた「美しい恋」という言葉。その想い。


ツアーの世界観やセットリスト、演出等は毎年違っても、根底にあるものは多分「美しい恋」ツアーから変わっていないはず。

ファンの人にいいものを届けたい、感謝の気持ちを届けたい、みたいなもの、NEWSがツアーの度に、間断なく発信し続けていたものをやっと受け止める事ができた。


いままでも、NEWSからの、みんなありがとう〜!みたいな気持ちは受け取っていたはずだけど、今回は、心底染みた。


美しい恋にするよツアーは新しいNEWSがどうなったのか確かめたく、そして納得し、10周年のツアーはただ楽しく、Whiteではかなり心動かされたのだが、次のQUARTETTOで若干評価し難くなり(個人の感想ですが不快に思われたらすみません。しかし前年が良すぎて期待値が上がりすぎていたのかもわからない)、今回のNEVERLANDはどうなんだろうか?かすかな期待と少しの不安…。


全てが終わってしまえば、不安とかは杞憂だった。

ちっぽけな自己防衛やら屁理屈やらを吹き飛ばすだけの力がNEWSにはあった。NEWSのNEVERLANDにはあった。



私のNEVERLAND、とは、新たにNEWSに恋に落ちた、ということだった。(…恋とか恥ずかしいけど…)



NEWS沼は深くて危険だとは知っていた。一回溺れて死にかけながらも生還したけど、あれ、新しい沼が…いや、これは清流?清い川のせせらぎか?これなら大丈夫かな…そっと足をつけてみたら、ああ気持ちいいね、じゃあもう少しだけ…と思ってみたら、えっやっぱり沼じゃねえか底無しかよ?身動きできないんだけど!?みたいな。(沼って二次のオタ用語なのかもだけど、ジャニオタにも通じるものがびんびんあるね)




少クラプレミアムで改めて見た、NEWSコールから出てきた四人が、まっすーが、ほら行くぞってな感じで手越さんの肩をガッとしながら出て来て、出たらさっと手を離したまっすーの頼れる兄貴感がたまらない。シゲめっちゃいい笑顔、かっこいい…


ダラダラ書いていたら公式レポも出ましたね。手越さんソロは扇動的よりも扇情的だと思うんだけど、どうなんでしょう?どっちもありか?





ブログ初心者でお題とかも初めてなので、お題とはこういうものではなかったらすみません。

ところどころ字が大きくなっていたとしても気にしないでください、そんな設定はしていないのですが、(太字には出来るかもですがやってはいない)直し方もわからないっていうポンコツっぷりですみません。


追記にコメントして下さったのん様、本当にありがとうございました。別に誰に頼まれた訳でもない感想をただ書き、誰が読んでくれるのかもわからない中公開し、だけど、NEWSファンの方が読んで下さったという事実、そして温かいお言葉、本当に、本当に嬉しかったです。


ここまで読んで下さりありがとうございました。